CO2

2008年5月24日 (土)

続CO2 の続き・・・

またまた、続きです。

あんまりバラバラに書くと、逆に読みにくいかな?

 

 

今回は、拡散器です。

最初は、セットになっていた、プラスチック製のデカイのを使っていたんですが、

目立ちすぎだろ!ってことで、

 

 

この

P5200038

ガラス製の拡散器を使っていました。

 

これはこれで、CO2が、シュワーーっと出てキレイだったんですよね。

 

でも、やっぱり、拡散器は、キレイでも、そこにつなぐホースが目立ったり、すぐコケがはえたり、

せっかくのCO2が、水面までいってはじけてしまって、溶け込んでいないんじゃないか?とか

他に良い物がないかなぁ?って探していました。

 

 

 

そして、水景工房さんで見つけたのが、これです。

P5200031

ライフホールディングスの多機能CO2溶解器です。

 

 

ちょっと前から、存在は知っていたんですが、実際に店の展示水槽に使っているのを見せてもらい、

店長さんいわく、 「しばらく使ってるけど一回も掃除したことないよ!」 とのこと

これは、良さそうだ!と思って、買いました。

 

 

 

使い方は、簡単です。

ただ、ホースの途中に、さすだけです。

P5200033

今のところ水漏れは無いですが、ホースバンドくらいは、付けた方がいいかも^^;

 

 

本当は、フィルターの給水側に、取り付けると溶解率が上がるらしいのですが、

バクテリアに、影響があるかもしれないのと、スペースの関係で

出水側に設置してあります。

 

 

 

そして、このようにCO2が、細かい泡になって、P5240036

こんな感じに出て・・

あれ?・・・

( ̄□ ̄;)!!

デジカメが、ショボくて、全然写ってない・・・

 

 

 

それでも、かなり溶解率は上がったみたいで、1~2秒に1滴の添加でも、水草に気泡が出来てますw

その気泡の写真すら、ウマく撮れないけどね・・・

 

 

CO2に関しては、こんなところですかね。

ちょっと、引きの写真だと、こんな感じ

P5110038

キャビネット内にあるので、水槽内は、さっぱりできますよ。

 

キャビネットに、キスゴムを付けるために、透明のカッティングシートを貼ってあります。

 

 

 

CO2は水に溶けやすいので、必ず逆止弁をつけないと、

水面より上にでも、どんどん逆流してくるって、どこかに書いてあったと思います。

電磁弁まで、いったら大変です。

 

 

それに、逆止弁は、壊れることがあるので、定期的に点検したほうが、良いらしいです。

本当は、逆流してないか見るために、耐圧チューブは透明のが欲しかったんですけど、

買いに行ったとき、黒いのしかなかったんですよね・・・。

 

 

では、また。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月23日 (金)

続CO2

今回は、CO2バブルカウンターです。

CO2バブルカウンターとは、CO2を添加する時の量を測る器具です。

1秒に何滴、とか、何秒に1滴と数えます。

 

 

以前は、CO2セットに入っていた

P5200042

よくあるタイプのバブルカウンターを使っていました。

見た目はキレイなんですが、

電磁弁が開く時に、カウンター内の水が、ブシュッ!!っと吹っ飛んで、

2,3日で無くなるコトが良くありました。

 

 

そこで、

P5200035

スドーのバブルカウンターを使っています。

水槽に貼り付けるには、ちょっと目立ちすぎる大きさだけど、キャビネット内に貼ってあるので気になりません。

写真では、わかりにくいですが、泡もポコポコ出て、見やすいですよ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

CO2

CO2の添加には、ボンベを使うものや、発酵式、リキッドなど、いろいろな方法があります。

ウチのは、小型のボンベからレギュレーターという器具を使って添加する方法です。

P5220002

ヤフーオークションで、電磁弁付きで、5000円くらいで買いました。

P5200036

これが、電磁弁という器具です。

タイマーに取り付けて使用することで、毎日勝手にON/OFFをしてくれます。

ONの時に弁を開くのですが、壊れるんじゃないか?ってくらいに、めちゃめちゃ熱くなります。

我慢して触れるレベルじゃないです。

 

 

照明と一緒のタイマーに接続しているので、光と二酸化炭素が同時に水草に届けられる仕組みです。

 

 

ウチの水草は、ボルビティスやミクロソリウムなどCO2少量もしくは不要でも大丈夫として、販売されているものが、ほとんどで、

始めは、CO2を添加する予定もありませんでした。

 

 

が、欲しくなってしまった理由は、

ボルビティスを買った店に、2週間後くらいに行ってみた時です。

買う時に、どっちにしようか迷ったはずのボルビティスが、倍くらいに成長してたのを見てしまったからです。しかもイキイキしてるし。

 

添加を始めてからは、葉に酸素の気泡も付き、無事に光合成しているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

20cube | 20cube Ⅱ | 60p Ⅰ | 60p Ⅱ | 60p Ⅲ | ADA | AIR | blog | CO2 | Filter | Fish | Food | Light | その他 aqua