Filter

2008年9月 3日 (水)

EHEIM ワセリン

ウチのダブルタップは貰い物なんですけど

開閉する時に、バキバキ言うほど固いんです。

新品はもっと回しやすいのかな?

P5050002

無理に回して、壊れても困るし、

リリィパイプが割れたら最悪なので

エーハイムのワセリンを買ってみました。

P8260046

外部フィルターの、Oリング用として売ってるのかな?

P8260049

綿棒の先に少し付けて

P8260051

ボール弁?に両側からヌリヌリして、レバーをキコキコ動かしてみると

スルスルッと動くようになりましたw

 

エーハイムの商品なので、水質に影響は無いと思いますが、

ビビッて少量しか塗らなかったけど、効果はあると思います。

ダブルタップを、3つ使っているので、6箇所バルブがあるんですが

4箇所は確実に軽くなりました。

P8260054

ここもかなり固くてホースを、はずしにくかったので

P8260058

はずして塗ってみたら、けっこう動きが軽くなりましたw

P8260053

調子に乗って、いろんな所に塗りまくっちゃいました。

 

ウチのは特別固かったのかもしれないけど、

こんなに動くようになるなら、もっと早くやっておけばよかったな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

OT-30 Plus 改

20cubeのフィルターに、テトラのワンタッチフィルターOT-30 Plusを使ってます。

P6290022

以前は、底面フィルターを使っていて、生物ろ過的には十分だったんですが、

物理ろ過ゼロなので、フンや食べ残しとかは、水換えの時しか除去できなくって・・。

 

外掛けフィルターは、ショボイと言う勝手なイメージがあったんですが、

OT-30Plusは、40センチまでいけるとのことなので、

アベニー3匹と、ミナミヌマエビ数匹しかいないし、十分足りてると思います。

(でも、40は無理だろ・・・^^;)

 

ろ材には、専用のバイオパックJrというのがあるんですが、

P6280010

交換する時は、全とっかえになるので、

せっかくのバクテリアが、いなくなっちゃいます。

なので、リングろ材を効率良く使えるように、ちょっと改造しています。

 

改造と言っても、NA-なんとなくアクアリウムさんなどもやってまして、

真似っこです。^^;

 

まず、バイオパックJrから、中身を取り出します

P6280006

こんな吸着ろ材が中に入ってます。

P6280007

(黒いろ材を、黒い板の上に出して撮影するセンスの無さ・・・。)

 

で、プラスチックの板を、黒いヤツより、ちょっと大きめに切ります。

P6280017

マジックで書いた線より、外側で切ったんですが、これでちょうどいいです。

この板の下を水が流れるように、開けてあります。

あとは、差し込んで、ろ材を入れるだけw

 

バイオパックの中の吸着ろ材と、綿がもったいないので、

P6280015

吸着ろ材を、自作のネットに入れて使ってます。

P6280008

綿の方は、フィルターパッドとして、

P6280009

ろ過槽の大きさに合わせて切っておきます。

 

セットしたのを裏から見ると、こんな感じ

P6280018

ここにも、スイッチ付けてるけど、ほとんど使ってません・・・。

P7130001

後ろのフィルターパッドをこまめに掃除しておけば、そんなに目詰まりもしません。

 

OT-30Plusは、ろ材が目詰まりすると、右の方から、あふれて

水槽内に戻るようになっているので、安心です。

音も結構静かだし、いい感じですよ。

買う前に一番心配だったのは、横幅が20cubeでも使えるのか?

ってトコだったけど、ギリギリ大丈夫でした(^Д^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

エーハイム サブフィルター2213

前回の記事の続きになりますが、エーハイム2213の手前にサブフィルターを取り付けています。

P5110044

右下に見えているのが、モーター付きのフィルターです。

見た目は、まったく一緒。

 

 

サブフィルターを使うメリットは単純に、ろ過容量がアップするだけではなく

ウチでは、物理ろ過(粗めパッドと細か目パッド)をサブフィルターに設置してあるので

定期的にサブフィルターの掃除だけしておけば、モータ付きの方は、そのままなので

バクテリアにダメージを与えなくて済みます。

 

たまに、モーター付きの方を掃除する時は、サブはそのままで!って感じです。

 

 

はじめのうちは、モーター付きのみ、だったのですが、サブフィルターを使い始めてからの方が、水質も安定し、コケも出にくいように感じます。

 

問題は、やっぱり流量が落ちるコトですかね?(配管が悪いからかもしれないけど・・・)

なので、生物ろ材は通水性重視でパワーハウス ベーシックソフトMのみです。

本当は普通のがいいんですが、お高いので・・・(泣)

 

 

サブフィルターは、本当に買って良かったと思ってます。

おすすめですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

エーハイム2213

フィルターは、エーハイムの2213という、外部フィルターを使用しています。

Photo_2

他のメーカーのフィルターを使った事はありませんが、シンプルだし交換用の部品も、ほとんどの熱帯魚屋さんで売っているので、安心だと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

リリィパイプをまっすぐに

前回に続き、リリィパイプ記事です。

 

リリィパイプには、キスゴムが1箇所にしか付いていないため、結構グラグラします。

それに、ホースが真下から出て来ていないと、斜めになってしまいます。

 

そうならない為に、エーハイムのシャワーパイプなどを固定する部品を付けてあります。

口径も同じようなので、ちょうど良い感じです。

P5050066

普通の黒いキスゴムを使っていましたが、

この前、新宿にあるアクアフォレストさんに行った時に、

リリィパイプ用のキスゴムを発見し、もしかしたらと思い、買って来ました。

P5050063

これが、

P5050065

すっきりした感じになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

ADA リリィパイプ P-2

リリィパイプとは、外部フィルターを通った水が出てくる所に取り付けるガラス製品です。

P5050066

ただ水が出てくるだけです。

給水側の製品もありますが、こちらも、ただ水が入っていくだけです。

はじめは、水が出てくるだけの所に、そんなに金かけられるか!小遣い、いくらだとおもってるんだ!

と思っていましたが、いろいろな方のブログで見たり、ショップで見たりしているうちに、だんだん興味が湧いてきちゃいまして。(だってキレイなんだもん・・・)

でも、割れやすいとか、掃除が面倒だ、とかの噂もあって、半年ほど、悩みました。

そんな時、水景工房さん(←ポチッとするとホームページに移動するやり方がわかりません。勉強しときます。)と言うショップで、激安販売してたので、ついに買っちゃいました。

取り付けですが

P5050002

ホースから抜く時が、一番割れやすそうなので、いろいろ考えた結果、抜かなければ良いんじゃないか。ってコトで、

ダブルタップを使って、掃除の時も、ホースはつけたままです。

もし、ホースが汚くなったりしたら、切って新しいのと交換です。

P5050069

こんな箱に

P5050070

こんなに大事そうに入っています。読めませんが、製作者と検品者のサインまで入って!

欲しいけど高いな~。と思っている方は、毎月1,000円づつ貯めましょう!

そうすれば、秋頃には、あなたの水槽にも・・・

必要なくなったら、オークションとかで結構な値段で売れますし。

(貧乏臭い記事になって、すみません。)

割れてしまったら、また買うかは自信ありませんが・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

20cube | 20cube Ⅱ | 60p Ⅰ | 60p Ⅱ | 60p Ⅲ | ADA | AIR | blog | CO2 | Filter | Fish | Food | Light | その他 aqua